郵送で申請ができます

困っている人

3日以上就労できない時に申請ができます

うつ病の治療を受けているけれど、なかなか症状が改善しないので悩んでいる人が少なくありません。病気が原因で就労をするのが難しくなると、経済的な不安を感じている人がほとんどです。3日以上就労ができない時は、健康保険協会から、傷病手当金うつ病を受け取ることができます。会社から休んだ期間のお給料が支払われていない場合は、受給をすることができます。自分で申請をすることができるので、健康保険協会から申請書をダウンロードするか、郵送をしてもらうと良いでしょう。就労できないことを証明する必要があるので、主治医に証明書を書いてもらう必要があります。診断書の提出は必要ないことが多いです。傷病手当金の受給を受けたい場合は、電話で健康保険協会に相談をしてみると良いでしょう。親切で丁寧な応対なので安心して相談ができます。傷病手当金うつ病は、お給料の67パーセントぐらいが支給されるので、経済的な負担を減らすことができます。最長で1年6か月受給ができるので、治療に専念することができます。

働き盛りの年代は、職場でも重要な仕事を任されますし、お子様の進学問題や両親の介護など、精神的なストレスを受けやすい時期です。現代は働く女性が増えているので、昼間の空いた時間を利用して勤務をしている人が多いです。働く女性がうつ病に掛かってしまうと、生活が厳しくなるケースが増えています。傷病手当金うつ病を申請することで、最短で一か月でお金を振り込んでもらえます。申請書には振り込み先の銀行口座や印鑑などを記入しておく必要があります。うつ病は一旦は良くなっても、症状が悪化したり、再発なども多い病気です。一家の大黒柱の男性がうつ病で働けなくなると、大きな不安を感じている人がほとんどです。傷病手当金うつ病は、健康保険から受給できる制度です。簡単な手続きで申請をすることができますし、近くに健康保険協会がない場合は、郵送でも申請することができます。休職をしている間も、経済的な負担を減らすことができるなどのメリットがあります。傷病手当金うつ病は、2年間の時効があるので3日以上休んでいた期間がある場合は、申請の手続きができます。

Copyright© 2019 働けなくなるリスクに備えるための制度を知ろう All Rights Reserved.